Home English Site Map
リーダー挨拶 拠点形成計画 研究プログラム 教育プログラム 催し/報道発表 募集 メンバー専用 連絡先・アクセス リンク
Home >  催し/報道発表 : セミナー・シンポジウム
催し/報道発表
セミナー・シンポジウム
国際会議
報道発表
21世紀COEセミナー「大自由度仮想生態系モデルにおける多様性変動パターンの形成プロセスについて」

日時 平成18年(2006年)11月21日(月)14:30〜15:30
場所 大阪大学サイバーメディアセンター・豊中教育研究棟7階 大会議室
講師 吉田 勝彦氏(国立環境研)
題目 大自由度仮想生態系モデルにおける多様性変動パターンの形成プロセスについて
概要 大量絶滅や急激な多様化など、化石記録には様々な多様性変動パターンが記録されている。多様性変動パターンの形成については、多様性変動とタイミングが一致する環境変動の証拠を探すというアプローチで研究されてきた。多様性変動パターンは生態系内のプロセスを介して形成されるものであるが、生物間相互作用は化石記録にはほとんど残らないため、多様性変動パターンの形成に生物間相互作用がどのように関与しているのかはほとんど明らかにされてこなかった。そこで本研究では、系を構成する種がそれぞれの性質と選好性に基づいて相互作用を構築し、種の進化に伴って相互作用も変化する大自由度の仮想生態系モデルを構築した。本研究報告では、この生態系モデル内にみられる多様性変動パターンの特徴とその形成プロセスについて報告する。

go TOP
Copyright (c) Osaka University, COE21, All Rights Reserved.