Home English Site Map
リーダー挨拶 拠点形成計画 研究プログラム 教育プログラム 催し/報道発表 募集 メンバー専用 連絡先・アクセス リンク
Home >  催し/報道発表 : セミナー・シンポジウム
催し/報道発表
セミナー・シンポジウム
国際会議
報道発表
21世紀COEセミナー「光・電子線重合を利用した低次元フラーレンポリマーの構造と電子物性」

日時 平成19年(2007年)1月30日(火)16:00〜17:00
場所 理学研究科H棟6階 中セミナー室(H601)
講師 尾上 順氏(東京工業大学 原子炉工学研究所)
題目 光・電子線重合を利用した低次元フラーレンポリマーの構造と電子物性
概要 フラーレン薄膜に,光を照射すると半導体特性を示す2次元ダンベル型フラーレンポリマーが,電子線を照射すると金属的特性を示す擬1次元ピーナッツ型フラーレンポリマーが,それぞれ生成することを見出した。とくに、後者のポリマーは負のガウス曲率をもつ初めてのパイ電子共役系としてトポロジーと物質科学の観点からも興味深い。本講演では,これらフラーレンポリマーのナノ構造と電子物性についてこれまでの筆者らの研究を紹介し、最後に未来材料としてのナノカーボンの展望について述べたい。

go TOP
Copyright (c) Osaka University, COE21, All Rights Reserved.