Home English Site Map
リーダー挨拶 拠点形成計画 研究プログラム 教育プログラム 催し/報道発表 募集 メンバー専用 連絡先・アクセス リンク
Home >  催し/報道発表 : セミナー・シンポジウム
催し/報道発表
セミナー・シンポジウム
国際会議
報道発表
大阪大学21世紀COEプログラム「究極と統合の新しい基礎科学」研究会
多体系・無限系と数学の最前線
日程:平成17年(2005年)11月28日(月)
会場:大阪大学豊中キャンパス理学研究科H棟7階 大セミナー室(H701)
プログラム
9:00 開場
9:05 - 9:10 はじめに
9:10 - 9:50 赤井久純 (阪大理 物理学専攻 教授)
「計算機マテリアルデザインとその手法」
9:50 - 10:30 小谷眞一 (阪大理 数学専攻 教授)
「アンダーソン局在の数学的な結果について」
休憩
10:50 - 11:30 浅野建一 (阪大理 物理学専攻 助教授)
「1次元系におけるボゾン化法」
11:30 - 12:10 鈴木 貴 (阪大基 システム創成専攻 教授)
「階層と量子化ー自己集合の科学」
昼食
13:00 - 13:30 Keith Slevin (阪大理 物理学専攻 助教授)
「Anderson Localisation: The Numerical Approach」
13:30 - 14:10 川村 光 (阪大理 宇宙地球科学専攻 教授)
「物理現象におけるスケール不変性ー相転移の臨界現象と地震」
14:10 - 14:50 菊池 誠 (阪大 サイバーメディアセンター 教授)
「統計力学アンサンブルの拡張とモンテカルロ・シミュレーション」
休憩
15:10 - 15:50 小田中紳二 (阪大 サイバーメディアセンター 教授)
「半導体における量子流体の数理とシミュレーション」
15:50 - 16:30 ディスカッション
go TOP
Copyright (c) Osaka University, COE21, All Rights Reserved.