Home English Site Map
リーダー挨拶 拠点形成計画 研究プログラム 教育プログラム 催し/報道発表 募集 メンバー専用 連絡先・アクセス リンク
Home > 研究プログラム : 宇宙基礎物質の研究
研究プログラム
研究プログラム
宇宙基礎物質の研究
新物質の創成
原理の探求
成果報告
宇宙基礎物質の研究
【担当】 物理学専攻(久野・岸本・山中・細谷)
宇宙地球科学専攻(常深)
核物理研究センター(土岐・永井)
レーザー核融合研究センター(高部)
数学専攻(藤木)

素粒子・原子核などのミクロの世界、星や宇宙など大規模なマクロの世界で未知の法則を追求する。

1) 素粒子の対称性の破れの研究 :この研究は素粒子の標準理論を超える基本法則を探る手がかりとして重要である。特に、本組織ではミューオンでのレプトン・フレイバー非保存や、レプトン数を破る二重ベータ崩壊探索、K中間子やB中間子でのCP対称性の破れ、ニュートリノ振動研究などを特徴としている。ここでは更に、次世代ニュートリノ物理の新展開に向けて、ミューオン崩壊を用いて従来のビーム強度を凌駕する大強度ニュートリノ・ファクトリーの建設を目指す。
2) 星の進化を知る上で重要な原子核の中性子捕獲断面積や不安定原子核の研究を継続する。この分野においては既に先駆的な業績を挙げている。また、日本原子力研究所(原研)と高エネルギー加速器研究機構(KEK)の大強度陽子加速器施設J-PARCが完成すれば、その1つの柱であるストレンジネスを持つ原子核の研究を担う。
3) 宇宙物質相の観測 :宇宙に存在する物質の確認にはX線等の電磁波を用いて、宇宙からの微小信号を観測することが重要である。技術開発を行い、天体現象の測定を推進する。更に、重力波の検出、未知の暗黒物質の探索なども進める。すでにX線用のCCD素子を開発して、世界のトップレベルの超低雑音を達成している。理論面においても相対論的天体現象や重力を含む素粒子の統一理論等を研究する。


go TOP
Copyright (c) Osaka University, COE21, All Rights Reserved.