大阪大学21世紀COEプログラム 究極と統合の新しい基礎科学 実績報告書

contents
#
受賞・プレス発表 > 平成16年度

受賞・プレス発表

平成16年度

大学院学生・若手研究者

勝木 厚成(物理学専攻博士後期課程3年)
JPSJ の注目論文
(J. Phys. Soc. Jpn. “News and Comments” & “Letters of Editor’s Choice”)
“Collision Dynamics of Two Barchan Dunes Simulated Using a Simple Model”, A. Katsuki, H. Nishimori, N. Endo, K. Taniguchi, J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 538-541.
(J. Phys. Soc. Jpn. “News and Comments”)
“Emergence of a Barchan Belt in a Unidirectional Flow: Experiment and Numerical Simulation”, A. Katsuki, M. Kikuchi, N. Endo, J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 878-881.
讀賣新聞夕刊 2005年2月26日に掲載
「砂丘の形成過程を再現」
橋爪 光(宇宙地球科学専攻助手)
朝日新聞等、多数の新聞紙上 2005年3月31日に掲載
「地球の誕生には、宇宙のガスが冷却、凝縮しただけではなく、紫外線照射などの別の要素が関わった可能性が高いことを、月の土の分析から突き止めた」
“A non-terrestrial 16O-rich isotopic composition for the protosolar nebula”, K. Hashizume, M. Chaussidon, Nature 434 (2005) 619-622.
田越 秀行(宇宙地球科学専攻助手)
「Research Highlights of 2003/2004」(Classical and Quantum Gravity 誌)
“Toward the search for gravitational waves from inspiraling compact binaries in TAMA300 data during 2003: the data quality and stability”
明 孝之(核物理研究センター特任研究員)
第6回核理論新人論文賞(核理論懇談会)
“Three-body Coulomb Breakup of 11Li in the Complex Scaling Method”, T. Myo, S. Aoyama, K. Kato, K. Ikeda, Phys. Lett. B576 (2003) 281-288.
宮田 恵美(宇宙地球科学専攻助手)
第26回応用物理学会論文奨励賞(応用物理学会)
“Novel Photon-Counting Detector for 0.1-100 keV X-Ray Imaging Possessing High Spatial Resolution”, E. Miyata, K. Tamura, Jpn. J. Appl. Phys. 42( 2003) L1201-L1204.
森 浩二(宇宙地球科学専攻での学位論文)
第21回井上研究奨励賞(井上学術振興財団)
「チャンドラX線天文衛星を用いたカニ星雲の観測的研究」
讀賣新聞夕刊 2005年2月26日 画像
讀賣新聞夕刊 2005年2月26日

教授・助教授

林田 清(宇宙地球科学専攻助教授)
第9回欧文研究報告論文賞(日本天文学会) 
“Slim-Disk Model for Soft X-Ray Excess and Variability of Narrow-Line Seyfert 1 Galaxies”, S. Mineshige, T. Kawaguchi, M. Takeuchi and K. Hayashida, PASJ 52 (2000), pp.499-508.
朝日新聞夕刊 2005年3月31日 画像
朝日新聞夕刊 2005年3月31日