1. 物理学や理論科学においては、幅広いスケールや幅広い対象を、
    分野の垣根を越えて眺めた時の共通性から、科学の新しい芽が出ることがあります。
    大阪大学特別栄誉教授の南部陽一郎さんの、ノーベル賞受賞の対象となった研究は、
    自発的対称性の破れについてのものでした。
    これは、物性物理学の超伝導現象を、素粒子物理学に基礎的に応用したものです。
    このような新しい科学の芽を生むべく、南部陽一郎さんのお名前を冠した
    「南部コロキウム」はスタートしました。
    分野を超えたディスカッションと、最先端の科学の話題を、ぜひ楽しんで下さい。

    南部コロキウムは、理論科学研究拠点(大阪大学大学院理学研究科・基礎理学プロジェクト研究センター)によって運営されています。
    理論科学研究拠点(大阪大学大学院理学研究科・基礎理学プロジェクト研究センター)

    拠点所属構成員

    代表:橋本 幸士(物理・教授)
    川村 光(宇宙地球・教授)
    保坂 淳(RCNP・教授)

    小川 哲生(物理・教授)
    藤本 仰一(生物・准教授)
    長峯 健太郎(宇宙地球・教授)

    アドバイザリ

    大野木 哲也(物理・教授)
    浅川 正之(物理・教授)
    菊地 誠(CMC・教授)
    中野 貴志(RCNP・センター長)
    窪田 高弘(全学教育推進機構・教授)

    黒木 和彦(物理・教授)
    土岐 博(産学連携本部・特任教授)
    吉野 元(CMC・准教授)
    湯川 輸(宇宙地球・准教授)

  2. 物理学とはあらゆる自然現象の根本法則に関する学問です。
    これを知ればどんな現象でも原理的に理解できるはずです。
    物理学を学ぶということは人間の常識をふやし、
    生活を豊かにするものだと思ってください。

    南部 陽一郎     Yoichiro Nambu

    理論物理学者。
    2008年ノーベル物理学賞受賞(素粒子原子核物理における自発的対称性の破れの発見)。
    大阪大学特別栄誉教授。 福井県福井市出身、理学博士。
    ベンジャミン・フランクリン・メダル、ウルフ賞、J・J・サクライ賞、
    ディラック賞、マックス・プランク・メダル、文化勲章など多数受賞。

    写真:福井新聞社提供

  3. 第23回

    2017年1012日[木]

    場所:南部陽一郎ホール
       (大阪大学大学院 理学研究科 物理学専攻 J棟2階)
    時間:16:20~17:50

    講師

    寺田 健太郎 先生

    大阪大学大学院 理学研究科 教授

    講演

    月に吹く地球からの風
    ~月と地球と太陽が一直線にならぶとき~

    学生へのひとこと

    好奇心が原動力。自然界は謎だらけ。
    研究って、やればやるほどオモロくなるよ。

    第24回

    2018年21日[木]

    場所:南部陽一郎ホール
       (大阪大学大学院 理学研究科 物理学専攻 J棟2階)
    時間:16:20~17:50

    講師

    土岐 博 先生

    大阪大学核物理研究センター 特任教授

    講演

    電磁ノイズが教える電気回路の対称性

    学生へのひとこと

    物理の理論は実社会でも非常に役に立ちます。
    ノイズレスインフラがつくる未来を夢見ています。

  4. 第22回

    開催日:2017年6月29日(木)

    講 師:佐々 真一 先生
    [京都大学大学院 理学研究科 教授]

    講 演:『多様なエントロピーの広がりと繋がり』

    第21回

    開催日:2017年5月11日(木)

    講 師:近藤 滋 先生
    [大阪大学大学院 生命機能研究科 教授]

    講 演:『動物の形と模様』

    第20回

    開催日:2017年2月2日(木)

    講 師:梶田 隆章 先生
    [東京大学宇宙線研究所長 教授]

    講 演:『ニュートリノ振動の発見』

    第19回

    開催日:2017年1月12日(木)

    講 師:Edwin L.Turner 先生
    [Professor, Department of Astrophysical Sciences,
     Princeton University(プリンストン大学宇宙物理科学科 教授)]

    講 演:『Implausible Life:
     An Unappealing But Credible Scenario for Life's Origin
     ありそうもない生命:
     魅力的ではないが信頼できる生命の起源に関するシナリオ

    第18回

    開催日:2016年10月13日(木)

    講 師:齊藤 英治 先生
    [東北大学 金属材料研究所 教授
     東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 (WPI) 教授]

    講 演:『スピン流とスピントロニクスの物理』

    第17回

    開催日:2016年7月14日(木)

    講 師:多賀 厳太郎 先生
    [東京大学大学院教育学研究科 教授]

    講 演:『ヒト脳の形態と機能の発達』

    第16回

    開催日:2016年5月26日(木)

    講 師:西森 秀稔 先生
    [東京工業大学理学院 教授]

    講 演:『量子アニーリングの光と影』

    第15回

    開催日:2015年7月9日(木)

    講 師:小林 亮 先生
    [広島大学 教授]

    講 演:『生物と数学とロボットと ― 理学の眼と工学の眼 ―』

    第14回

    開催日:2015年6月4日(木)

    講 師:坂東 昌子 先生
    [元日本物理学会会長、愛知大学名誉教授]

    講 演:『物理が生物分野に挑戦する』

    第13回

    開催日:2015年4月30日(木)

    講 師:柴田 大 先生
    [京都大学基礎物理学研究所 教授]

    講 演:『連星中性子星の合体 ― 重力波と重元素合成 ―』

    第12回

    開催日:2015年1月8日(木)

    講 師:金子 邦彦 先生
    [東京大学複雑系生命システム研究センター長]

    講 演:『普遍生物学:物理学者が挑む「生きていることの状態論」』

    第11回

    開催日:2014年12月4日(木)

    講 師:中島 啓 先生
    [京都大学数理解析研究所 教授]

    講 演:『物理学と幾何学的表現論』

    第10回

    開催日:2014年10月30日(木)

    講 師:中家 剛 先生
    [京都大学大学院理学研究科 教授]

    講 演:『素粒子「ニュートリノ」で見る世界』

    第9回

    開催日:2014年7月24日(木)

    講 師:杉山 直 先生
    [名古屋大学 理学研究科 教授]

    講 演:『宇宙交響楽 ~宇宙マイクロ波背景放射で拓く精密宇宙論~』

    第8回

    開催日:2014年6月26日(木)

    講 師:肥山 詠美子 先生
    [理化学研究所 准主任研究員]

    講 演:『少数多体系物理が切り拓く世界』

    第7回

    開催日:2014年5月22日(木)

    講 師:村山 斉 先生
    [東京大学 Kavli数物連携宇宙研究機構長]

    講 演:『磁石からヒッグス粒子まで』

    第6回

    開催日:2014年4月24日(木)

    講 師:小林 研介 先生
    [大阪大学 理学研究科 教授]

    講 演:『ゆらぎは語る』

    第5回

    開催日:2014年2月20日(木)

    講 師:谷畑 勇夫 先生
    [大阪大学核物理研究センター特任教授]

    講 演:『私たちはどこから来たのだろう?〜星のかけらの私たち〜』

    第4回

    開催日:2014年1月23日(木)

    講 師:上田 正仁 先生
    [東京大学大学院理学系研究科教授]

    講 演:『冷却原子気体の最前線』

    第3回

    開催日:2013年12月12日(木)

    講 師:駒宮 幸男 教授
    [東京大学]

    講 演:『素粒子物理学の発展と国際リニアコライダーILC』

    第2回

    開催日:2013年10月24日(木)

    講 師:初田 哲男 主任研究員
    [理化学研究所]

    講 演:『中性子星は我々に何を語りかけているのか?
     〜宇宙・素粒子・原子核・物性のクロスオーバー』
    →講演スライド

    第1回

    開催日:2013年7月30日(火)

    講 師:イオナ-ラニシオ教授
    [ローマ大]

    講 演:『統計力学の進展と展望』

  5. 南部コロキウムは、広く学部学生にも、
    そして専門分野外でも分かる講演を目指しています。
    講演内容に関して、講演中そして講演後にも積極的に質問を受け付けます。
    あなたの質問は、全世界の科学者が問うていない質問かも知れません。

    写真:福井新聞社提供