2018(H30)年度
先端物理学・宇宙地球科学輪講

日時

秋・冬学期 金曜日4時限(14:40〜16:10)

場所

理学部D501大講義室

出席・レポート

毎回、授業中にミニレポートを書いて提出してください。

講義日程

第1回

2018.10.5

ガイダンス
大高 理(宇宙地球科学専攻)・酒井 英明(物理学専攻)

第2回

詳細

2018.10.12

系外惑星と地球外生命探査
住 貴宏(宇宙地球科学専攻)

太陽以外の星の周りを回る惑星:系外惑星は、既に3千個以上見つかっている。これらがどの様に発見されてきたか、また、今後の地球外生命探査について紹介する。
ポスター

第3回

詳細

2018.10.19

素粒子物理学の謎ー実験によるアプローチー
南條 創(物理学専攻)

素粒子物理学は目覚しい発展を遂げてきた。これまでに何が分かって、どんな謎が残され、それに対してどのような実験的アプローチをしているのかを解説する。欧州の最高エネルギー加速器を用いるATLAS実験と、国内で進行中の大強度加速器を用いるKOTO実験という2つの実験を具体例に挙げる。
ポスター

第4回

詳細

2018.10.26

仲の悪い電子たちと仲のよい電子たち
~超伝導の起源~

黒木 和彦(物理学専攻)

超伝導は、電気抵抗の消失という劇的な現象によって多くの研究者を魅了する。1986年に発見された銅酸化物高温超伝導は、それまで20K台であった転移温度の世界記録を一気に130K超にまで引き上げた、一大ブレークスルーであった。さらに2008年には鉄ヒ素系化合物において50Kを超える新たな高温超伝導体が発見され、大きな関心を集めてきた。
本輪講では、超伝導の起源に焦点をあて、従来型の超伝導と高温超伝導体の共通点と相違点を論じて、後者の面白さを伝えたい。
ポスター

第5回

詳細

2018.11.9

統計物理モデルで見る地震
川村 光(宇宙地球科学専攻)

地震は、地殻の弱面たる地震断層がプレート運動によって駆動されて示す、大規模な固着すべり摩擦不安定性である。統計物理的なモデルに基づいて、地震現象の物理的な本性を探るアプローチについて紹介したい。
ポスター

第6回

詳細

2018.11.16

強磁場の世界
萩原 政幸(先端強磁場科学研究センター)

子供の頃、砂鉄を用いて馬蹄形磁石や棒磁石の周りに模様ができて不思議だなと思った人もいることでしょう。宇宙にはとてつもなく強い磁場が存在し、我々の体を作っている分子がばらばらになる磁場や粒子-反粒子の数を変えてしまうほど強い磁場が存在すると考えられています。今年度は1000テスラを超える屋内最高磁場の発生という特筆する出来事が日本でありました。我々のセンターは、国内最大の蓄電エネルギーを持つコンデンサーを有しています。講義の後半はこれを用いて発生させた強磁場下でどのような研究を行っているのかを、阪大強磁場施設の歴史と共に紹介します。
ポスター

第7回

詳細

2018.11.30

タイトル未定
中井 光男(レーザー科学研究所)

アブストラクト

第8回

詳細

2018.12.7

重力波を通じて宇宙を探検する
Exploring the Universe through gravitational waves

Luca BAIOTTI(宇宙地球科学専攻)

アインシュタインによる重力波予測の100年後に当たる2015年にようやく重力波の検出に成功した。アインシュタインの理論(一般相対性理論)によると、重力は時空の曲率の現れであり、物質は時空の曲がり方を決定する。 したがって、天体などが動くと、時空間の曲率が変化する。この変化が波のように伝播する現象は重力波と呼ばれている。重力波を観測することで、連星ブラックホールの合体や連星中性子星の合体、超新星爆発、ビッグバンなど、宇宙に関する基本的な新しい情報を得ることができる。本講義では、数値相対論によるシミュレーション結果なども含めたフロンティア研究について紹介する。

100 years after Einstein's prediction of gravitational waves, they have finally been detected, in 2015. According to Einstein's theory of general relativity, gravity is a manifestation of the curvature of spacetime and matter determines how spacetime is curved. Therefore, when matter moves, spacetime curvature changes and when these changes propagate like waves, they are called gravitational waves. By observing gravitational waves, we can get fundamentally new information on astrophysical and cosmological events, like black-hole mergers, neutron-star mergers, supernova explosions, big bang and much more. In this lecture, I will show some of the results from frontier research including numerical-relativity simulations.

第9回

詳細

2018.12.14

タイトル未定
飯塚 則裕(物理学専攻)

アブストラクト

第10回

詳細

2018.12.21

タイトル未定
菅野 優美(物理学専攻)

アブストラクト

第11回

詳細

2019.1.4

タイトル未定
大岩 顕(産業科学研究所)

アブストラクト

第12回

詳細

2019.1.11

タイトル未定
廣野 哲朗(宇宙地球科学専攻)

アブストラクト

第13回

詳細

2019.1.25

界面の物理学-物質の可能性を追求する-
松野 丈夫(物理学専攻)

我々の身近にある物質の多様な性質(物性)は、電子という一種類の素粒子により実現しています。すなわち、物質はマクロな物性とミクロな電子を結ぶ舞台であり、物理学の魅力的な対象です。その中でも、二つの異なる物質が接する境界=界面は、単一の物質では実現できない豊かな物性の舞台となっています。原子レベルで制御された界面で電子のふるまいを調べることで、物理学の新たな世界が見えてきます。界面の物理学を通して、物質が持つ大きな可能性についてお話しします。

第14回

詳細

2019.2.1

タイトル未定
川畑 貴裕(物理学専攻)

アブストラクト

輪講世話人
大高 理 F326, ohtaka あっと ess どっと sci.osaka-u.ac.jp
(TA) 平井 隼人

過去の先端物理学・宇宙地球科学輪講HP
2017年度 2016年度 2015年度